新着記事

2005年10月18日

『SUPER STAR』

秋もすっかり深まり、朝晩だいぶ冷えてきたこの時期、
通勤途中に僕は、ギターケースを担いで通学している学生たちの姿をよく見かける。
そう、学生たちにとっては学校の文化祭、かわいい学園祭の時期だ。

友達とバンドを組んでだり、弾き語りをしたり、楽器に触れ、歌い、音楽をする学生たちにとって文化祭や学園祭の『ステージるんるん』で演奏するというものは本当に最高の晴れ舞台だ!

自分たちの練習した成果を思う存分、披露する場所というものは本当に限られている。
スタジオやライブハウスなどという場所もあるが、お金のかかるそういう場所などは、学生にとってはなかなか気軽に利用できる場所でもない。

少し前まではよく見かけた鹿児島の繁華街での"ストリートミュージシャン"という人たちも最近はほとんど見かけなくなった。
街の"規律"が厳しくなってきてるのだと思う。

『音楽』というものに夢中になり、一生懸命練習して、実力を培って『たくさんの人に聴いてほしい!見てほしい!』けど、それを披露できずにいる、という若者はきっとたくさんいるはずた。

『きれいに咲ける花なのに種なのに、土がない鉢がない』から咲くことのできない花というのはもったいないしなんとも世知がない…。

そうゆう若者たちが、楽器を抱えて集って、自分たちの培った『音楽に乗せたパワー』を、音に乗せてガツンと飛ばせる『場所』がもっともっとあっていいと思う。
そんな『場所』がもっと増えたら、
きれいな花が
でっかい花が咲くことのできる土があれば鉢があれば、
きっと素晴らしい

『SUPER STAR』
がもっとこれから生まれてくるのではないだろうか。


僕の3歳の息子も最近、テーブルという名の"ステージ"で、ギターをジャカジャカと掻き鳴らして遊んでいる。
sinn051014_2010~0001.jpg

この子たちが大きくなる頃には、
もちろん桜島記念モニュメントもすでに建立されていて、そしてその場所が風化することなく、音楽、芸術を求める人や志す人たちで栄えていること、
そしてそんな音楽や芸術の発信地となるような場所が、鹿児島のみならず全国にも、もっとたくさんできていることを僕は心から願う!

『くよくよ ふさぎ込んでも そこから何も始まらないぜ』

実行委員の新垣でした!
('-^*)v


posted by 管理人 at 22:34| 鹿児島 ☀ | TrackBack(0) | 勇気の会 メンバー活動日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。