新着記事

2005年12月17日

〜YAMATO〜

12月17日 映画
男たちの大和 YAMATO

全国ロードショー

yamato229_M.jpg


もう、多くの方がみられと思いますが、私も友人たちと夜9時頃の上映時間合わせて行ってきました。

前もブログで「映画完成試写会映画に一足、お先にみてきました。」とお伝えしましたが今回で2回目でした。

        〜戦後60年〜

60年と言えば『私たち若い世代からみれば遠いむかしのこと?』て思うのかな〜
でも、私の91歳になる祖父はもちろん、戦争体験者。
私の父も母も子供の頃に逃げた記憶があるそうです。

祖父からは終戦記念日になると「戦争時代の話をよく聞かされました。」

そして、11月22日の鹿児島市民文化ホール(第二)での試写会の時の話ですが・・・
丁度、ロケ地にもなった「枕崎市」から来られた〜
歳は80歳ぐらいのおばあさんが上映前に話しかけてきた。

『この映画を楽しみにしてきた。実際に戦争は悲しい出来事だった!でも、若い人にもみて欲しい〜 悲惨な現実があって、今があるということを!』と涙を浮かべながら話をしてくれました。

そして、12月17日上映が始まった。

「もう会えない君を、守る。」

会場は満員。 涙声も。

涙が止まらなかった。


       8.21勇気の会  安留 孝








posted by 管理人 at 23:56| 鹿児島 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 勇気の会 メンバー活動日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
映画、怖くていけません。
でも、YAMATOのCDは、車に乗るたびに聞いています。
たぶん、素敵すぎて怖い一言を聞きたくないのだと思うのです。
Posted by neko at 2006年01月08日 21:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。