新着記事

2006年03月04日

島国『JAPAN』 (17/42)

桜島オールナイトコンサートにて第2部の一曲目に歌われた曲
『JAPAN』
僕がはじめて買った長渕さんのCDは『JAPAN』というタイトルのアルバムだった。
そして長渕さんが『桜島コンサートの中でも最も重要な歌』と言っていた曲でもある。

僕はこの『JAPAN』世代から長渕さんの歌を好んで聴くようになった。
アルバム『JAPAN』以前に出された曲はほとんどと言っていいほど歌詞も曲名も知らないものが多かった。
今でも知らない曲聴いたことのない曲はまだまだけっこう多い…。
f^_^;

でも、はじめて買った『JAPAN』のアルバムは買った日から毎日毎日何度も何度も聴いた!
当時まだ学生だった僕はカセットテープにダビングして、通学中もバイト中もずっとこのアルバムだけを何度も何度も聴いていた。
このアルバムの中の楽曲はどれも素晴らしいが、その中でもこの『JAPAN』という曲が僕は一番好きだ!
はじめてこの曲が耳に入ってきたときは当時まだ学生ながらもすごく衝撃的だったことを今でも覚えている。
今でもこの曲を聴くと曲に込められた重さや深さが僕の心の中にずっしりと伝わってくる。

桜島コンサート第2部開演の一発目でこの曲がきたときには『おぉ!JAPANだ!』と分かった瞬間、僕は鳥肌が立ち、涙があふれてきた。涙が出ないように出ないようにと思っても涙はしばらく止まらなかった。

当時の世相を憂い、『みんなこのままでいいのか!?』
と問いかける本当にメッセージ性の強い歌だと思う!

この曲の歌詞の中に
『そして俺は二人の子どもを抱きしめてる』
という歌詞がある。
そして、この曲が出された当時はまだ学生だったが、14年経った今、僕には二人の子どもがいる!
二人の子どもを抱きかかえるといつも、僕の心の中には
『JAPAN』が流れる。
一言でいうと、この曲を聴いて僕は、世間を見る視野が広がったと思う。

人それぞれだとは思うが、この曲を聴いてきっと何かを感じるはずだ!
もっとたくさんの方にこの『JAPAN』という曲を聴いていただきたい。

8.21勇気の会  新垣


posted by 管理人 at 03:24| 鹿児島 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 勇気の会 メンバー活動日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
JAPANからのファンです桜島  行きたかったです。もう今日ですね。行けないので、詳しく教えて下さいね。  行けない自分が悔しいです
Posted by やはまま at 2006年03月19日 02:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。