新着記事

2006年03月14日

〜大好きなかあちゃん〜コオロギの唄(29/42)


ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)
    〜除幕式まであと5日〜
ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)




コオロギの唄(29/42)

桜島オールナイトライブ・・・・センターステージでは

「かあちゃんが昨日・・・
死にました。夏の暑い 
   暑い 午後でした」


と「コオロギの唄」

剛さんのお母さん〜。
私がはじめて買った剛さんの詩画集「前略、人間様」の中にもお母さんのことを書いた「俺のかあちゃん」という詩画がある。

その中に書かれていた「何十年も三鷹の病院で寝たっきりじゃ。」
「真っすぐな瞳の俺のかあちゃん。」という詩を私は思い出した。

そして、この『コオロギの唄』!
剛さんは
「この鹿児島・桜島の空から天国のおかあさんに向けて唄った。」

「生まれてよかったと
僕は初めて 思いました
そして この人が 
僕を生んでくれたんだなって
なぜか当たり前のことを考えていました。」


私は涙があふれた。


WOW MOTHER!
WOW MOTHER!
WOW MOTHER!



この曲には何も説明はいらない。

大好きだった「かあちゃん」



8.21勇気の会  安留 孝


posted by 管理人 at 23:53| 鹿児島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 勇気の会 メンバー活動日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。