新着記事

2005年04月10日

縁が人間をつなぐ、勇気の会の活動。

鹿児島は午後からあいにくの雨。勇気の会の募金活動も今日は遠征です。ご苦労様です。という私は長渕Blog管理人の葉桜です。突然のお邪魔となりました。

縁というもの。とても不思議なものです。こうして静かに午後を過ごしていると、何事もないかのよう。あっ!今日は勇気の会の募金活動だったと。縁というのは気になるものの様だ。

勇気の会の活動を街頭募金で知ったり、メディアの報道、この勇気の会ブログで知った方。勿論、長渕剛さんのファン以外の方も、多くの応援をいただいています。そこには確かに縁というものがあります。本当に何も知らずに桜島を訪れた方がいて、

「このモニュメントはなんだろう?長渕さんのコンサートがあったところなんだ!へぇ凄いところでコンサートしたんだね。」

そこに長渕剛とファンの歓声が聴こえてくるはずだ。長渕剛さんてどんな歌を歌っているのだろう?新たな縁が創造される。音楽という人間に与えられた素晴らしい表現方法。桜島オールナイトコンサートは7万5千人の縁、いや長渕剛を愛する全ての力で開催できたはずだ。今度は勇気の会の活動やそれを応援する方の力で、何倍もの縁となって桜島の聖地に形となる。その縁は記念碑を知らない方にも飛び火する。音楽という普遍の愛すべき存在の証としてそびえ立つはずだ。

世の中知らないことのほうが多い。それに突然であった時の衝撃!音楽に好き嫌いは存在しても、優劣は存在しない。誰かがそれを必要とする。そんな形のまさに衝撃の桜島記念碑になると思う。歴史になるということは、何も形だけではない。しかし、形のないものは忘れ去られてしまう。形あるものが発するパワーは時代を旅することが出来る。桜島記念碑。それは音楽を愛するという思いのエネルギーだ。勇気の会は、桜島オールナイトコンサートのエネルギーを未来への冒険者にしようとしている。触ると熱いはずだ!!


posted by 管理人 at 16:02| 鹿児島 ☁ | TrackBack(0) | 管理人コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。